ワークショップ:言葉とコンピュータ

担当者

新山 祐介


到達目標

コンピュータを使った日本語処理を通じて、コンピュータの分野で重要な考え方である「再帰」と「入れ子構造」について学びます。


実施内容の概要

  1. コンピュータに日本語の規則を教える

    このワークショップで使う日本語の規則は、数学の式に少し似ています。
    最初に、以下のような規則をつかって簡単な文章をつくります。

      S = A B、A = 太郎が、A = 花子が、B = 起きた、B = 寝た

    この規則を使うと、以下のような文章を生成することができます。

      太郎が起きた、太郎が寝た、花子が起きた、花子が寝た

    ここでは、全部で 5つの規則を使っています。各規則は等号の左側にアルファベットがあり、右側に日本語の単語があります。それぞれのアルファベットを「記号」と呼びます。
    今回の実験では、コンピュータはこれらの規則を使って文章をつくります。みなさんのコンピュータでどんなおもしろい文章ができたか発表してみましょう。

  2. 入れ子になった言葉を教える

    つぎに、もっと複雑な文章にチャレンジします。例えば、次の文章をみてください

      カレーを食べた。
      お父さんが作ったカレーを食べた。
      ふだん料理をまったくしないお父さんが作ったカレーを食べた。

    これらの文章では、説明がだんだん長くなっています。
    「カレー」のような部分を日本語では「名詞句」と呼びますが、2番目の文では「カレー」のより詳しい説明が入れてあります。
    3番目の文では、さらにそのカレーについての説明の中にある「お父さん」のより詳しい説明が入れてあります。

    このように、名詞句のなかにさらに別の名詞句を入れることで、文章をいくらでも長くすることができます。
    あるものの中に、さらに同じ形のものが表れていることを「入れ子構造」と呼びます。
    計算機科学では、この処理はとくに「再帰 (さいき)」と呼ばれています。

    この仕組みを使うと、コンピュータに長く複雑な文章をつくらせることができます。


事前に準備しておいて欲しいこと

パソコン上でエディタを使って文字入力ができるようにしておいてください。

読んでおくと役に立つ参考書など

特にありません。

プログラムに戻る